社会への取り組み

社会への取り組み

  •  ホーム > 
  • 社会への取り組み > 
  • スポーツへの取り組み

スポーツへの取り組み

東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2018の誘致

国内最高峰の国際女子プロテニス大会である同大会を誘致し、2018年9月にアリーナ立川立飛及びドーム立川立飛で開催されました。同大会は2018年全米オープン女子シングルスで日本人初優勝を果たした大坂なおみ選手の凱旋試合となり、日本全国が注目する大会となりました。

夏巡業 大相撲立川立飛場所の開催

2016年8月、当社が勧進元として「平成28年夏巡業 大相撲立川立飛場所」を、1979年4月の春巡業以来37年振りに立川で開催しました(屋外開催)。2018年にはアリーナ立川立飛で「平成30年夏巡業 大相撲立川立飛場所」を開催し、力士の迫力ある取り組みを間近でご覧いただきました。

テニスフェスタ開催

2018年10月13・14日にアリーナ立川立飛にて、テニスフェスタを開催しました。元プロテニスプレーヤー 杉山 愛さんほか、多くの著名人にお越しいただき、トークショーやコンサート、誰でも楽しくテニスを体験できる「TENNIS PLAY&STAY 体験教室」等を実施しました。

「立川シティハーフマラソン」参加


毎年3月上旬に陸上自衛隊立川駐屯地及び国営昭和記念公園と
その外周において開催される同大会に地域貢献活動の一環として、
当社グループ役職員等から参加者及び大会ボランティアの募集を行い、
団体として参加しています。

アルバルク東京

男子プロバスケットボールリーグB.LEAGUE所属「アルバルク東京」は、B.LEAGUE 2017-18シーズンより、当社が建設した「アリーナ立川立飛」にてホームゲームを開催しており、当社グループはダイヤモンドスポンサーとして応援しています。
2019年5月11日に横浜アリーナにて行われたチャンピオンシップファイナルで千葉ジェッツに勝利し、二連覇を達成しました。

立川・府中アスレティックFC

2000年の設立から、東京都府中市を中心に様々な普及・貢献活動を展開し、総合型地域スポーツクラブとして発展を続けています、2018年度から同クラブのフットサル男子トップチームが「立川・府中アスレティックFC」に呼称を改め、アリーナ立川立飛をホームアリーナとして使用しています。
アリーナ立川立飛から日本一、そして世界へ飛躍することを、当社グループはトップパートナーとして同クラブの発展を応援しています。

TACHIKAWA DICE.EXE

立川商工会議所等、市内経済団体によって発起された3人制プロバスケットボールチームである同チームは、2018年に日本選手権およびPREMIERグランドチャンピオンで2度日本一となりました。
また、市内の子供たちを対象とした特別授業、クラブ活動への選手派遣や、バスケットボールのクリニック、スクール等を開催し、地域貢献活動を行っています。
当社グループは同チームの活動を2016年より応援しています。

東京ヴェントス

立川を拠点とする多摩地域密着型のサイクルロードレースチームで、国内最強の育成型プロサイクリングチームを目指す一方、地域イベントへの参加や、スクールの開催を通じて、自転車文化の普及や啓蒙活動にも取り組んでいます。当社グループは同チームの活動を、2015年より応援しています。

東京ヴェルディビーチサッカーチーム

Jリーグに所属する東京ヴェルディと提携関係を持つ東京ヴェルディビーチサッカーチームは、立川をホームタウンとして、当社グループ所有地内にあるタチヒビーチにて練習や試合を行っています。
当社グループは同チームの活動を応援しています。

石川ボクシングジム立川

2005年に昭島から立川へ移転した後、多くのプロボクサーやキッズチャンピオンを輩出すると同時に、市内の各種イベントでのミット打ち教室や小学校でのボクシング教室を通して、地域社会貢献活動・青少年育成にも力を注いでいます。
2019年2月17日には立川初のプロボクシングイベント「TACHIHI PRESENTS GENKOTSU立川立飛大会」を開催しました。
当社グループは同ジムの活動を応援しています。