社会への取り組み

社会への取り組み

  •  ホーム > 
  • 社会への取り組み > 
  • 地域社会貢献

地域社会貢献

立飛グループは、地域で一番愛される企業を目指し、様々な地域社会貢献活動に取り組んでおります

地域活動への協賛

立川まつり国営昭和記念公園花火大会をはじめとして
地域活動への協賛をさせていただいております。

立川市立第六小学校 修復飛行機見学会の受け入れ

平成28年11月30日(水)に、立川市立第六小学校の第5学年の児童約40名が、社会科見学の一環として、修復飛行機の見学のため南地区12号棟に来訪しました。本見学会の目的は、立川で製造された飛行機を通じて、自分たちが住む地域の歴史を知ることでした。どの児童も熱心に飛行機に関する説明を聞き、積極的に質問をする姿が印象的でした。最後は立飛グループイメージキャラクター「たっぴくん・たっぴちゃん」も登場し、記念写真を撮影しました。

ダ・ビンチサイエンス教室 見学会の受け入れ

平成28年5月14日(土)に、立川市内で科学教育の普及活動に取り組む立川サイエンスひとネットが主催する「ダ・ビンチサイエンス教室」の生徒の皆様(小学生25名とその保護者)が、修復飛行機の見学に訪れました。ダ・ビンチサイエンス教室は、「楽しい科学をきっかけに、自分の頭でしっかり考える」をテーマに全6回企画されており、その第1回目のテーマ「飛行機」に因み、本見学会が実現し開講式が開催されました。また、立飛グループイメージキャラクター「たっぴくん・たっぴちゃん」が登場し、記念写真を撮影しました。

立川市立第五小学校第6学年への南地区見学会

平成27年10月13日(火)に、立川市立第五小学校第6学年の児童約100名が、社会科見学の一環として、修復飛行機見学のため、㈱立飛リアルエステート南地区に来訪しました。児童たちは、最上級学年ということもあり、スタッフの説明に落ち着いた様子で耳を傾け質問する等、集中して見学を行っていました。
自由見学に入ると、両機へ一目散に駆け寄り、機体に触れ感触を確認したり、パンフレットやオープンファクトリ―時に使用の機体説明看板等を熱心に読む様子が印象的でした。

立川市立新生小学校社会科見学に伴う修復飛行機見学会

平成26年10月16日(木)に、立川市立新生小学校第3学年の児童約75名が、「立川市内の施設を知る」という目的の社会科見学の一環として、修復飛行機見学のため、㈱立飛リアルエステート南地区12号棟に来訪しました。
児童たちはみなR-53・R-HMに興味津々で、自由見学に入ると両機に駆け寄り、歓声を上げて機体に触れていました。また、スタッフにも積極的に声をかけ質問し、熱心にメモを取っていました。お土産の立飛グループイメージキャラクター「たっぴくん」「たっぴちゃん」を配したクリアファイルや定規も「かわいい」と好評でした。

公益社団法人学術・文化・産業ネットワーク多摩 正会員としての活動

大學・行政・企業・団体等との協働を通して、多摩地域の活性化のために事業を創造し遂行する活動を進化させることを目的とした同社団法人の趣旨に賛同し、当社は正会員となっています。各種フォーラム・コンペティションへの参加や、未来奨学金への寄付を行っております。

全国交通安全運動期間中の立哨

当社グループでは毎年春・秋に実施される全国交通安全運動に伴い、テナント様ご協力のもと、構内周辺の交差点での立哨活動(交通誘導)を行い、期間中の交通事故防止に努めています。